酵素の種類

酵素の種類

 

酵素の種類

人体にかかわる酵素の種類は、大きくわけて『消化酵素』『代謝酵素』『食物酵素』の3つとなります。
このうち、消化酵素と代謝酵素は人体にもともと存在する酵素で、まとめて『潜在酵素』と呼ばれています。
一方、食物酵素とは名の通り、食物に含まれる酵素で、食事として体内に取り入れることができます。
酵素は1つの種類につき1つのはたらきしか行わない性質を持っているため、それぞれの酵素はさらに何種類にもわかれており、現在判明しているだけでも5000種類に及んでいます。
酵素のにはいろいろな酵素の種類別に異なる働きを持っています。

 

この体型なんとかしたい

 

酵素の種類

 

酵素の種類:消化酵素

 

食べたものを消化し、吸収・代謝しやすいようにする酵素のことです。
代表的な消化酵素としては、デンプンを分解する『アミラーゼ』やたんぱく質を分解する『プロテアーゼ』、脂肪を分解する『リパーゼ』などが挙げられます。
消化酵素によって分解された栄養素は小腸で吸収され、エネルギーとなって各器官に送られます。

 

酵素の種類:代謝酵素

 

消化酵素によって分解された栄養素をエネルギーとしてはたらかせる酵素です。
いくら消化酵素がはたらきても、代謝酵素がなければエネルギーとして活用されることはありません。
代謝酵素の主なはたらきとしては、運動や呼吸、脳の思考、老廃物の排出、肌に新陳代謝などが挙げられます。
こちらも消化酵素同様、それぞれのはたらきに応じて1つの代謝酵素が割り当てられており、体内には無数の代謝酵素が存在しています

 

酵素の種類:食物酵素

 

食物に含まれるさまざまな酵素の総称です。
消化酵素や代謝酵素などの潜在酵素は消耗品なので、使えば使うほどなくなり、体の衰えが早くなってしまいます。
しかし、食物から定期的に酵素を補給していれば、潜在酵素を節約することができ、体調不良や老化を食い止めることができます。
食物酵素は生の野菜や果物、刺身などの新鮮な食物のほか、納豆や味噌などの発酵食品に豊富に含まれています。

 

詳細はこちら

 

 

酵素の種類

 

酵素といってもいろいろな種類がありますね。わたしは酵素ドリンクを愛用しています。とくに産後お腹のたるみにききます。